節約することで心の余裕が生まれる

お買物をしてストレス発散をする方をよく見かけますが、

実際にたくさんのお買物をすると、その時はスッキリするような感覚になりますが、後から買ったものが大量に散らかっていてストレスに感じたり、

その後の生活費が足りなくなり心に余裕が無くなったりと余計な負荷がかかる事が多くなります。

「どれだけお金をつかっても困ることは無い」くらいお金に余裕のある方なら問題ないと思いますが、

そんな人は全世界で一握りしかいないことでしょう。

節約というと、我慢して生活費を削り、欲しいものも買えない生活というイメージを持つ方もおりますが、

それは無理をしながら節約しているからです。

実際はちょっとしたことで節約になりますし、ちょっとしたことであればストレスにはならないのです。

例えばテレビをよくみる人であれば、家事をしているときなどはスマートフォンでテレビを流し、音のみを聴けるようにしたりですとか、

トイレの電気は自動で消えるものに変更したりなど、ちょっとしたことからスタートしてみると、その生活が板について苦痛でもなんでもなくなります。

お買物についても、きちんと部屋が片付いていれば、今必要なものとそうで無いものが明確になり、不要なものを購入しなくなります。

すっきりした部屋で気持ちの良い生活を送ることで心の余裕が生まれますし、結果貯蓄にもつながりますので、生活が潤うといえることでしょう。