袋分けは少し多めに予算を組んだ方が良い

家計のやりくりに袋分けをしている人は多いのではないでしょうか。行なっていなくても聞いたことはあると思います。食費、光熱費など項目ごとに袋を用意し、毎月の予算をあらかじめ入れてその範囲内でまかなうわけです。

もちろん節約したいわけですから、この範囲で頑張ろうという金額をいれると思います。少なくとも私はそのように始めました。しかし、カツカツの予算だと節約にかなりの努力が入り、何か突発てきな事が起こるとその予算はすぐに崩れてしまいます。

結果として、目標は達成できず、挫折感とストレスが溜まり、続ける意欲がなくなってしまいました。さらんに悪いことに先月の節約のストレスで今月はいつもより浪費してしまうという事態に至りました。もちろんそれは私の自制心の弱さにほかなりません。

それで私のようなゆるい人は、理想より少し多めの予算を組むのが良いのではないかと気づきました。実際やってみると、その予算内で収まったという達成感や満足感を味わうことができ、続けようというモチベーションが上がります。月末に袋の中に少しお金が余るとなんとなく豊かな気持ちにもなります。

1カ月節約の額が多少少ないとしても、継続できる方が長期的な成果あると思います。