節約の第一歩はお金の支出を知ることから

主婦になり家計の管理を任され、子供が産まれたりペットを飼うなど、家族が増えていくとそれに比例するように支出が増えていきます。

家計を見直す時になかなか家賃やローンなどの固定費を減らすことは難しいので、やはり一番手っ取り早く節約できるのは食費や水光熱費だと思います。中でも食費はすぐに取り掛かかれる対策だと思います。しかし、安い食材を買いに隣町まで行ってみたり、賞味期限間近で半額になったものを購入したりと頑張ってみても、お財布からはあっという間にお金が消えていきます。しかも、隣町まで行ったのにその分交通費がかかったり、賞味期限間近で買ったため、油断していたら食べらなくなってしまったりマイナスな部分も多くなります。

そんな中で、私が実践して一番良かった節約術は、家計簿を作ることでした。しかし、根っからのめんどくさがりの私が計算機を片手に家計簿をつけることは出来ません。だから、家計簿アプリをダウンロードし、購入した食材のレシートをスマホで写真に撮り、アプリ内で仕訳を始めました。

アプリでは、食費を自動で計算してくれるほか、グラフ化するなどして支出の有無を視覚化してくれます。すると、一週間や一ヶ月の食費の目安が出来、どんな風に支出をしているのか、何が無駄遣いなのかが見えてきて、翌月には無駄遣いをしないように意識して買い物をするようになってきました。

また、翌月に1円でも節約できていればモチベーションも上がるので、続けるのも楽しいです。やはり、お金を管理するには目に見える形で支出を把握することが一番の近道なのだと感じました。