ウィーク分けと冷凍の応用が食費節減の下地

金額が支払われたら一気に全て引き出さずに、なるたけ、太陽用品費と食費だけを表すように決める。そして食費を週間で割ります。

毎月の食費のものさしは稼ぎの凡そ15%くらいで考えると済むそうです。
しかし稼ぎ関係なく、大概2,3奴家計で3万を切れるという陳述がマスコミでも私のまわりでも多いので
月を5週間として、週間6千円までと司るのがいいのではないかと思います。それ以外の元本はおポッケから出します。

5週間で換算していますが実態月は4週間といくぶんだと思うので、これで食費は余るはずです。
余らなかったとしても、これで月のごはんは3万に抑えられます。
週間の売り値は他の週間に回しても他の週間から補填しても、柔軟に、月3万で鎮まるように自分なりに考案決める。

こうしてまずは食費から支度・切り捨ていきます。
それと同時に冷凍をうまく使うため、一層食費は節約できます。

3奴程度の身の回りであれば週間6千円でも、種豊富なごはんは3食十分に見つけることができます。
冷凍庫をかしこくつかえば、もっと傷みやすい種の有効活用ができます。

肉や魚は当然として、キノコや薄揚げ、ニラやネギ、ほうれん草や小松菜、蟹カマなどは冷凍がもはや基本とさえ言われています。
上記と、高野豆腐やひじきやマカロニなどの乾物、大概絶えず居残るタマネギとにんじんを組み合わせれば、
買物に行かなくても、お吸い物、豚肉とニラなどの野菜の炒め存在、キノコとほうれん草のスープ、小松菜のチャーハン、天津飯
などごはんを適切種類作ることができます。物欲しいな、というときも冷凍のものが役に立ちます。

こうしてお互い家計の家屋は、高額おサロンのお副食を各週いくつか買っていても、お肉値段・果物値段を奮発した月でも
一年中3食で12ステージ以上のごはんのコストを、3万前後に抑えられてある。