貯金するなら毎日家計簿をつけることが一番の近道です。

面倒くさいと思いがちなのが、家計簿。日々の収入と支出をレシート一枚一枚見ながら作成し、それを毎日続けるのは至難の業。しかし、それを至難の業と思うか、毎日10分記入するだけで知らないうちに貯金ができている、と思うのかそれはその人の考え方次第。

本当に貯金をする必要がある人は、面倒くさくても日々の金銭管理をして、無駄な支出は何か、削減できる支出はどこなのか、それが1か月後には確実に見えてきます。それさえわかればこちらのもの。支出しなくてもすむものをげずって、その分を貯金に回す。またもし時間に余裕のある人は短時間でも仕事をして収入にまわす、たとえ少額でも「塵も積もれば山となる」で、これだけは生活費でなく、貯金に回す、絶対に使わない収入、と決めれば、自然と貯金することができます。

また、どうしても家計簿をつけるのは面倒だ、と思う方には毎月の決まった支出と収入を預金通帳に記帳し、その空欄に支出と収入の名目を手書きで記載する。それだけでもお金の出入りがわかり、無駄だと思える支払いが見えてきます。家計簿が無理な方はまず通帳記入から始められるのがよいでしょう。ただし一番大切なのは、「私は絶対いついつまでにこれだけ貯金をするのだ」という強い意志をもつころです。「まあ、できればいいかな」くらいの気持ちでは是対無理です。