サラリーマンの節税に最も効果のあるiDeCo

2017年頃から政府も積極的に推し進めている年金制度、iDeCo をご存知でしょうか。これは、サラリーマンであれば活用しない手はない、最も簡単でリスクもかなり少ない節税方法です。

正しく言えば投資の一種といえるのですが、まず全額を元本保障の商品で運用したとしても、現状の法制度が変わらない限り必ず節税効果があります。

掛け金を最大金額に設定すればそのメリットはさらに大きく、例えば確定拠出年金制度のない企業に勤めている場合は年額にして約57600円の所得税、住民税が下がります。

手数料が年額2004円かかりますが、それを差し引いてもかなりの節約効果が出ます。

それにこれはサラリーマンだけでなく、自営業の方のほうが効果は大きいです。最大で年間約163200円の節税になります。

それに、デメリットと言われる60歳まで資金を引き出せない点ですが、本当にそれはデメリットでしょうか。

生活資金をある程度確保した上でという前提はありますが、iDeCoの本来の目的は老後資金の確保という点にありますので、60歳まで引き出せないというのはデメリットではなくむしろメリットでしょう。

投資信託や不動産などを考える前に、まずはこのiDeCoから節税を始めてみましょう。