私の節約・貯蓄の向き合い方についてまとめました。

節約をする上でまず始めに取り組んだのは、「いつまでに、いくら貯めて、何に遣うか」を考えることです。目的や目標もないままではモチベーションも上がらず、いい結果にならないと考えたからです。

そして、1ヶ月分の家計の支出を一覧にまとめました。現状で何にどれだけのお金を使っているかを把握しておかないと、闇雲に節約に取り組んでしまうと日々の生活が楽しくなくなり節約することが辛くなってしまいます。

そうならないために、まずどこの項目(食費や通信費、服飾費など)にいくらくらいお金を使っているのかを把握することが大事であると考えました。それから項目ごとの収入に対する目安の割合を調べ、算出し、それを元に目標金額を設定しました。

貯蓄も先に貯蓄用の口座に決まった金額を入れておくことで、残ったお金でやりくりするようになり無駄遣いが減りました。

日々の買い物をするのも、週に1~2回にすることでこまめに買い足すことができなくなるため、家庭にある食材などの把握をしなければならなくなり賞味期限切れになってしまうことも防ぐことが出来ます。

次に固定費を見直しました。通信費や医療保険を改めて現在の使用状況と照らし合わせ、経費を抑えられるよう乗り換えを検討しました。大手のキャリアだったスマホを格安SIMに乗り換え、医療保険も必要最小限のものに切り替えることで浮いたお金を毎月の貯蓄に回すことが出来ました。

貯蓄用の口座は当面の生活費を入れておく口座とは別に作りました。ネット銀行の口座は大手の銀行よりも金利が高く、お得でオススメです。定期預金も一定期間引き出せないかわりに、通常の預金よりも金利が高く設定されているため、こちらもお得です。

目的を持って、楽しみながら節約や貯蓄をすることが一番続く方法だと思います。