マイペースでコツコツ、ちまちま小銭貯金の楽しみ♪

昔から500円玉貯金や10円貯金などコツコツ硬貨を貯めていくことが性に合っていて、気づいたらすっかり小銭貯金が楽しくなっています。一番最初にこうした小銭貯金を始めたのは、中学生ごろだったでしょうか。中高生の頃、買い物をしたときのレジでのお釣りの小銭をひたすら貯金箱に入れていたらこれがけっこうなまとまったお金になり、貯金箱が満タンになるころには学生にはちょうどいいぐらいのポケットマネーとなった体験があります。

そんなちまちま蓄積体験は社会人になった今でも別の形で続いており、相変わらずのマイペースで小銭貯金は続いています。最近は50円玉貯金という名目での小銭貯金を始め、持っているサイズでの貯金箱が満タンになると数千円が貯まることが判明しました♪日々のお買い物のときの10円20円の蓄積があと後で必ずモノを言うように、小銭貯金も同じでちまちまでも1円が5円に、その5円にまた1円ずつが積み重なった結果10円というまとまりになり、それが徐々に50円100円・・・と、続けている限り小さな単位からじわじわと確実に少額単位同士が手を取り合ってはまとまった金額になっていく様子やプロセスを目で見て分かったり、その増えつつある手応えを感じるのは当然心地のいいものです。

こんな調子で、無理せずできるペースで楽しみながらコツコツと今日も小銭貯金は続いています♪ちなみに、私のマイペース貯金習慣に影響された夫が自分でもやろう、その習慣をつけようと、貯金箱を買ってきたことがあったほどでした笑。