口座を使い分けることで貯蓄を行いやすくする

銀行口座を持っている人は多いと思いますが、使い分けるためにいくつもの銀行口座を持っている人はそんなに多くはないようです。

1つの口座しか持っていないとそこで全部のお金の管理を行わなければいけません。

引き落としも給与の振込も普段使う現金の管理も行う必要があるので、お金の出入りが激しくなります。

確かに1つの口座で管理をしておくと楽かもしれませんし、分かりやすいということもあると思います。

しかしお金の出入りが激しいと貯金が出来ているのかどうかが分かりにくくなります。

貯蓄専用の銀行口座を持っていれば、貯蓄も行いやすくなります。

貯金箱のような形で銀行口座をメインバンクとは別に持っておくとよいです。

そこはお金を貯める専用の口座にします。

メインバンクでもう1つ新しい口座を持ってもよいのですが、ネットバンクにしてみるのもよいでしょう。

ネットバンクであれば利息も他の銀行よりもつきやすいです。

ネットバンクは人件費が抑えられているので、その分顧客に利息を多く支払うことが出来ると言われています。

ネットバンクを貯蓄専門の口座にして、月々決まったお金を入れておくとよいでしょう。

そうすることでお金も貯めやすくなります。