原始的でも貯金箱の利用が地道で確実

節約あるいは余計なお金を使わない方法として大変原始的な方法ではあるものの、やはり身近な場所にすぐに小銭を放り込んでおける貯金箱を幾つか設置しておくと、ちょっとした欲が原因の無駄使いをかなり抑える事が出来、数カ月もすると馬鹿にならない消費金額の差となって現れてくるものです。

現在でも小銭のタイプに応じて様々なデザインの貯金箱が売られており、デザイン的にも楽しめます。それらの中でも最もクリティカルに貯金として効いてくるのはもちろん500円玉専用の貯金箱。ただし500円玉自体手持ちの金額の中に発生する頻度が少なく、また小銭自体を財布の中でコンパクトに纏めるという役割において極めて重要ですから、そう簡単に貯金箱に放り込める物ではありません。

むしろ小銭の中では中間帯に位置する100円玉や50円玉をメインに入れられる貯金箱の方が私にとっては有効でした。ちょうどこの金額は外出時にちょっと口寂しくなった時、飲料や間食をついつい購入出来るという厄介なものですから、これを我慢し、1日に2,300円づつでも貯金してゆく様にすれば、1ヶ月で相当な貯金の成果を上げる事が出来るのです。

貯金箱を開放する時はもちろん浪費目的ではなく、しっかりと将来の生活に役立てるアイテムやサービスの購入に充てる事が大事ですね。