省エネはもう嗜好?

自身は四十路の夫人だ。独身時代から削減に心がけてはいましたが、結婚してから却って
磨きが掛かったと我ながら思っています。図書で”削減特集”が組まれていて「あれこれ」
と報告を読んでみても、主として自分で既に心がけていらっしゃることがあるのですが、あんな私の
削減のツボを幾つか紹介したいと思います。まず第一に自分に要には現金をケチらず
に取り扱うことです。ここをケチってしまうと刺激が貯まってしまい、節約することが面白く
なくなってしまいます。ここだけは相当削減を忘れて、使いたければ使っていいと思います。
次に、夫のお現金にもケチらないことです。一般的に手取りの10パーセンテージをお現金に、と
それほど言われていますが、私もその儲けを夫のお現金にしていて「臨時でほしい場合は言って
ね。」とある程度伝えています。お現金をケチらない結果、夫も削減に楽しく協力して
貰える。それと基本中の基本ですが「要らない物は買わない。」店。「何やら。」や
「安かったから。」などの理由で購入しても使わない物って本当に多いんです。自分に必要な
物だけを買うことで、室内もスッキリ始めるし無駄遣いも枯れるので一石二鳥だ。どっちみち
節約するなら削減を”嗜好”にやるくらいの気持ちで楽しむのがいいですよ!