大きく節約しようと考えてはいけない。

最近では環境問題も考えられて節約する事が良いという考えになっています。

でも、方向性を間違えると節約する事が苦痛にしかならないという事もありますので注意が必要です。

捉え方を間違えてはいけません。節約というのは長く続かないと意味を持たないのです。

例えば、節約のためにいきなり昼食を抜くとか考えるのはダメです。

それをすることによってお腹がすくという苦痛に繋がり、結果的に持続性の無いものになってしまいます。

場合によっては反動で大きな金額を使ってしまう可能性もあります。

1日節約しただけであれば約500円程度の節約ではありますが、いつもより100円程使う金額を節約するというのであればお腹は満たされて問題無いですし、5日続けば同じ金額になる訳です。

そうなってくると金額を抑えることがより当たり前になっていって持続性のある節約になり、結果的に大きな節約へと繋がります。

だから使わない電気をこまめに消すという行為でも積もり積もれば大きな節約へと繋がるのです。

その事こそ環境にも優しくなるので良い事になるのです。

なので節約とは今まで使っていたお金や物を、使わなくするという事では無く、使う事を減らすというのが本当の節約になるのです。

節約は大きく考えずに、小さな事を節約しそれを持続させる事が大切になるのです。

一人暮らし節約術

本気でキャッシング申込を考える
http://www.humanresourcescouncil.org/

一人暮らしの人がまず節約できるものと言えば食費だと思います。食費は外食に行くと一か月でもかなり高くつきます。逆に節約術を知っていて、自炊することができれば一か月二万円以内に抑えることも出来ます。豆知識としては一週間ごとにまとめ買いをすることで私は食費を抑えることが出来ました。そしてスーパー等でセール品を買うことで一回の買い物代も安くつくと思います。私がよく使っているのは業務スーパーです。業務スーパーではうどんが30円で売っていたり野菜やお肉もかなり安く仕入れることが出来ます。

家の近くに普通のスーパーと業務スーパーがあれば絶対業務スーパーを使うことをお勧めします。

次に私がよく使っているのはイオンネットスーパーとゆうものです。これはネットで買い物をするのですが、レトルト食品、冷凍食品や袋めんが格安で売られています。袋めんは一袋18円とかで売っているのも確認できました。仮に一食18円で三食食べたとしても一日の食費は54円で抑えることができます。もちろんこれでは足りないとゆう方は他にも食べていいと思います。普通に売ってるカップラーメンの何倍も安くなっているのに味は劣っていませんし量も同じぐらいあります。節約しようと考えている方はイオンネットスーパーと業務スーパーで節約することをお勧めします。

私の生活費運用術

日々の生活の中で常に節約のことを考えるのはとても大変なことですが、私の生活費の運用方法をご紹介したいと思います。私はまず、月末に給料が入ると、次の給料までに必要な生活費(食費、水道光熱費、家賃、交通費など)や月の貯金に割り当てます。そして、その生活費は、生活費専用の財布に全て入れ、一ヶ月そこから出費を行うようにします。

生活にかかる費用は全てその財布から出すため、個人の財布を使うことがなく、無駄なお金を使うこともなくなります。そして、次の給料日前日に残ったお金(ほとんど小銭ですが)を別に寄せておき、また給料が入ったら一ヶ月の生活費に割り当てる。ということをします。

ここで重要なのは、たとえ一ヶ月の生活費が余ったとしても、次月に繰り越さずに別に寄せておき、また同じ金額の生活費を補充するというところです。余った分を繰り越してしまうと、当然その月はその分余裕があるため、気持ち的にも油断が出てしまいます。そのため、生活費の余剰にかかわらず、また同じ生活費の範囲内で生活することで、生活リズムも安定し、決められた金額で生活する癖も身に付きます。そして、余って寄せておいたお金はある程度たまったところで、銀行の口座に貯金します。これにより残高が少し増えるので、実際に儲かってはいませんが、少し得をした気分になります。

節約や貯金の方法は人それぞれですが、自分が楽しく、達成感を得るということがとても重要だと思います。

貯金するなら毎日家計簿をつけることが一番の近道です。

面倒くさいと思いがちなのが、家計簿。日々の収入と支出をレシート一枚一枚見ながら作成し、それを毎日続けるのは至難の業。しかし、それを至難の業と思うか、毎日10分記入するだけで知らないうちに貯金ができている、と思うのかそれはその人の考え方次第。

本当に貯金をする必要がある人は、面倒くさくても日々の金銭管理をして、無駄な支出は何か、削減できる支出はどこなのか、それが1か月後には確実に見えてきます。それさえわかればこちらのもの。支出しなくてもすむものをげずって、その分を貯金に回す。またもし時間に余裕のある人は短時間でも仕事をして収入にまわす、たとえ少額でも「塵も積もれば山となる」で、これだけは生活費でなく、貯金に回す、絶対に使わない収入、と決めれば、自然と貯金することができます。

また、どうしても家計簿をつけるのは面倒だ、と思う方には毎月の決まった支出と収入を預金通帳に記帳し、その空欄に支出と収入の名目を手書きで記載する。それだけでもお金の出入りがわかり、無駄だと思える支払いが見えてきます。家計簿が無理な方はまず通帳記入から始められるのがよいでしょう。ただし一番大切なのは、「私は絶対いついつまでにこれだけ貯金をするのだ」という強い意志をもつころです。「まあ、できればいいかな」くらいの気持ちでは是対無理です。

ネットで見かけた標語を実践して節約実行中

最近自分でも無駄遣いが多すぎるなと悩んでいたところ、ネットで以下の標語的なものを見つけました。良いことが書いてあると思い、手帳に書き留めて、無駄遣いをしそうになるたびに見直しています。
以下簡単な具体例です。

・安物買いの銭失い

スーパーなどに買い物に行ったとき、特売品なんかを見つけるとついついうれしくなって買い物かごに入れてしまいますが、よくよく考えてみるとさほど欲しい物ではなかったりしますよね。それこそスーパーの戦略なのです。目の前の安い物に踊らされず、本当に欲しい物を買うように心がけましょう

・あったら便利はなくても平気

これも的を射ていると思います。世の中便利だな~と思うグッズはやまほどあります。ネットなんかを見ていてもそうですよね。ただ冷静に考えてみると意外と手持ちの物で代用できることも多いのですよ。そういう考え方を身につけておくと、いざというときにも色々応用が利いていいと思います。

・費用対効果

このお金を払ったらどれだけ自分にメリットがあるのか。を常に考えようということです。たとえば私は結構お酒が好きなのですが、ビール1本250円と計算するとします。そのお金を出す価値があるのか、そのお金で別な物を買った方が幸せになれるんじゃないかと考えるようにします。

・欲しい物は後回し

欲しい物というのは言い換えればすぐに必要な物ではないという事です。まずは必要な物に予算を振り分けてしまう。もし余ったならばそのなかで欲しい物を買うように考えるということです。

・悩んだら買わない

購入に悩むようでしたら、その商品は今本当に必要なものではないということです。その場で買わずに一度冷静になって考え、それでも必要ならば購入しましょう。

全部が全部を実践できているとはいいませんが、これを守るようになりある程度お財布のひもも堅くなったような気がします。後はきちんと家計簿でもつければ完璧なんでしょうね。

ちょっとした節約

家計が苦しい時に、一番節約できるものは何かを考えました。まずはどうしても人は食から逃れようにもありません。ここにまず焦点を絞りました。1度の買い物で何日暮らせるか。勿論、買ったもの全てで何も買い物せず数日を過ごすことは出来ません。家にあるもので何ができるかを考え、その補助食や足りない調味料だけを買います。

そしてどうしても今日は買い物しないぞという日を時々自分で決め、冷蔵庫の中にあるだけのもので何かしら作ってみる、缶詰を使うなど工夫を凝らします。メニューが思い浮かばなければ、ネットでその食材をググれば必ず色んな食べ方を提供するサイトが沢山出てきます。基本は、野菜を買い肉を冷凍保存しておく、調味料は欠かさないことが重要です。それまで毎日2-3千円弱の買い物をして、冷蔵庫の中で腐らせたり存在を忘れたりしていたものが今あるものを考える事で俄然食品の無駄買いがなくなりました。

それと家族へのお弁当を持たせること、それは外食を減らすことにもなります。子供や旦那はお弁当を持たなければ、その分、外で食べるか買って来なければなりません。それって結構な金額になります。家でおかずを作ることによって、お弁当の主菜・副食になります。沢山作って、冷凍をしそれを回転する事によって飽きも一巡するので程ほどなく、朝の手間もチンで解凍するだけで手間も減ります。これが我が家の節約食生活です。

インターネットでコツコツ稼いでます!

最近は景気が良くなった良くなったとは言われつつも、一般市民である私のような人間にはほとんど景気の良さというものを実感できない毎日を過ごしています。特段給料が上がるわけでもなく、むしろ昔に比べると残業代が出にくくなったりしていて、経済状況は全く改善されていないような状態です。

したがって、普通にサラリーマンとしてやっていくだけではなかなかゆとりをもった生活というのも送りにくいので、何かしらの追加の収入というのを模索していました。

最初はアンケートサイトをコツコツとためしていましたが、はっきりいって費用対効果が悪すぎますね。あれは。

他にもお小遣いサイトとかも試してみましたが、アンケートサイト同様、なかなか面倒くさいわりには稼げません。

そんな中で一番良いかなと思えたのが、今はやりの文章を書くスタイルの仕事です。

いま、ブログというのがかなり人気かと思いますが、ブログ作成者の方の代わりに文章を書くような仕事ですね。

最近はいろいろなサイトでその種の仕事を仲介というか紹介していますので、自分が書きやすい文章がどんどん出てきます。

なので、そんなに苦労することもなく、それなりにお金を稼ぐことができますので、はっきりいってお勧めですね。

節約や貯蓄について

私は、節約や貯蓄について、節約はなるべく無理負担がかからないように、できる時だけして、なるべく負担に思わないようにしたり、貯蓄はできる時にしたりしておいたので、ここ何年か分の生活費を貯蓄することができてよかったです。

そのおかげで、節約や貯蓄をしていると働いている間には余裕があったり、そのおかげで仕事ができていない時の生活費になっていたり、何か自分が困った時にも、反応したりする事ができていたりします。

それに何か目標があれば、達成することも可能です。

例えば、何か欲しいかというものを目標を達成できるかどうかは、その人にかかっています。

それでも、その人が前向きに頑張れるなあと思うものがあれば、節約貯蓄には苦労はないと思います。

それに、前向きな目標とはなんだろうと思いますが、何の目的に使うのか、何が欲しいかとかなんでもいいのですが、

あまりこのことを負担に思わないようにする為には、目標を決めてしまうことも大事ですが、あえて決めない目標を達成するのも良い事なのではないかと思います。

目標を決めすぎて、逆に段々辛くなって着ているも困ります。

辛いのではなく、自然にできるような節約や貯蓄でありたいと思います。